子どもの習い事事情

学習は「子どもの習い事事情」の今後の見通し

ホーム 今後の見通し

減少か増加か

習い事は今後どのようになっていくのでしょう。教育に対する感心は地域に関係なく高いですし、その一環としての習い事ですから、教室の数や通う子どもの割合が極端に増減することはないと思います。現状で推移していくのではないでしょうか。ここ数年の間にゆとり教育が見直されました。それに伴い学校の授業数が増え、教科書の内容も大きく変わりました。こういうことが、習い事に対して少なからず影響を及ぼしていることは否めません。また、近年の大学生の就職難が話題になったりしますが、将来そのような事態にならないようにと早くから英会話やそろばんに通う傾向が出てきてもいるようです。いいことか悪いことか判断しかねますが、このようなことがある現状に驚きを隠せません。みなさんはいかがでしょうか?ここでは人気の高い習い事についてお話してきました。ですが実際はもっとたくさんの習い事があり、その種類が増えていく可能性はあります。裾野が広がり選択肢が増えるといった具合でしょうか。選ぶ親としては嬉しいやら迷うやらですね。どのような習い事をさせるにしても、子どもの意見や考えを否定せず、他人と比べることなく、その子に合った習い事を探してあげることが大切だと思います。

アートディレクターの求人数・転職支援No.1クラス
マスメディアン


Copyright © 子どもの習い事事情 All Rights Reserved.